親知らずの抜歯 ≪「大船駅0分」大船駅前歯科|土日も診療 大船の歯医者

 

+Wisdom Tooth

親知らず、かならず抜かないといけない?

親知らず、かならず抜かないといけない?

親知らずは成人前後に生えてくる歯です。
多くの親知らずは横や斜めに生えてくことが多いので、痛みが出てきたら抜いた方がいい歯です。
ですが真っ直ぐ生えてきて上下の噛み合わせがしっかりしている場合は抜かなくても大丈夫です。
ただ、どうしても親知らずが気になる、違和感がある場合ご相談してください。
抜歯することもできます。

磨きにくい奥歯は虫歯になりやすい

磨きにくい奥歯は虫歯になりやすい

奥歯はとても磨きにくい場所です。
そんな磨きにくい場所に斜めに親知らずが生えてくると、虫歯になる可能性がとても高くなります。
また、親知らずの1つ手前の歯が歯周病になる確率も高くなります。
虫歯と歯周病のリスクが高くなると口臭の原因になったり、ひどい場合、健康な歯を抜歯するような状態になることもあります。

治りが早い時期だからこそのタイミング

治りが早い時期だからこそのタイミング

親知らずを抜歯するなら親知らずが生えてきた成人前後がいいタイミングです。
成人前後は傷の治りが早いので、腫れや痛みが長引くことがない年齢です。
また、親知らずを抜いた後の空洞は骨で埋まります。
成人前後は骨の治りも早いので、抜歯後の空洞もキレイに埋まりやすくなります。