虫歯の段階を知ろう ≪「大船駅0分」大船駅前歯科|土日も診療 大船の歯医者

 

虫歯の段階を知ろう

歯医者さんでの検査や診察の際、「C0・C1」などと早口で言っているのを耳にしたことはありませんか。これは虫歯の段階を表す歯科用語です。虫歯の段階はC0~C4まであります。それぞれの段階と特徴について詳しくご紹介します。

C0

歯の表面のエナメル質だけが、わずかに脱灰している状態です。
歯に穴があいているわけでもなく、痛みもないかもしれませんが、それでも虫歯になりかけている状態ですので油断はできません。適切な歯磨きやキシリトールをとるなどし、虫歯を予防しましょう。

C1

エナメル質が脱灰し、歯に浅い穴があいた状態です。
痛みはありませんが、ときどき甘いお菓子を食べた際にしみることがあります。再石灰化による自然修復は望めないため、治療が必要となります。虫歯の部分を削り、詰め物を詰めるだけの簡単な治療なので、すぐに終わります。また、麻酔を使用せずに済むことがほとんどのため、治療費も抑えられます。段階が進んで治療が複雑になる前に、早めに歯医者さんで治療を受けましょう。

C2

虫歯がエナメル質を突き破り、象牙質まで達した状態です。
この段階までいくと、冷たい飲み物や甘いお菓子などでしみたり、痛みを自覚し始めます。ポツンと黒くなっているので、見た目で虫歯であることが分かります。基本的に象牙質は痛みを感じる部分のため、治療する際は麻酔を使用することが多いです。

C3

虫歯が象牙質を突き破り、さらに奥にある歯髄にまで達した状態です。
神経が炎症しているため、何もしなくても激しい痛みを伴います。また、歯に大きな穴があいていますので、虫歯であることは一目瞭然です。治療では麻酔を使用するだけでなく、根管治療を行う場合は10日間ほど歯の中に薬を詰めておかなければなりません。

C4

虫歯によってほとんど歯がなくなってしまっているだけでなく、歯の根っこまで侵されている虫歯の末期の状態です。歯髄が完全に機能を失っていますので、痛みを感じないかもしれませんが、あくまで痛みを感じないだけであって治ったわけではありません。状態はさらに悪化し、虫歯菌が血管を通って身体の内部に侵入し、心臓病や腎臓病など重大な病気を引き起こす恐れもあります。治療は、抜歯の処置をとることが多いです。

大船駅近くで虫歯治療のために歯医者さんをお探しの方は、大船駅前歯科をご利用ください。
一人一人の患者さんに合う最善の治療法をご提案します。虫歯治療だけでなく、近年評判インプラントや、ホワイトニングの治療も行っていますのでご相談ください。
また、キッズスペースをご用意していますので、子供連れの方も安心してご利用できます。