歯が抜けたときの対処法 ≪「大船駅0分」大船駅前歯科|土日も診療 大船の歯医者

 

歯が抜けたときの対処法

歯が抜けると、びっくりして慌ててしまう気持ちも分かります。しかし、慌てるばかりで適切な対処ができないと、歯や身体に二次被害をもたらす恐れもあります。どのように対処する必要があるのでしょうか。こちらで詳しくご説明いたします。いざというときのためにお役立ていただければ幸いです。

すぐに止血をする

抜けた箇所が出血しているようでしたら、すぐに止血を行ってください。ティッシュやガーゼを丸め、やさしく押し当てるようにして止血します。強く押し当て過ぎると、出血が酷くなることもありますのでご注意ください。

口内を清潔に保つ

軽くうがいをして口の中をきれいに洗いましょう。
強くうがいをすると、血が止まらなくなることもあるため注意しましょう。また、抜けた箇所を手や歯ブラシ、爪楊枝などで触るのもいけません。ばい菌が入り込み、炎症の原因となってしまいます。

大切に保管して歯医者さんへ

抜けた歯は大切に保管して、2週間以内に歯医者さんへ持っていきましょう。
持っていくことで、抜けた原因が分かったり、歯の保存状態によっては再植できる可能性があります。
すぐ歯医者に行くことができる場合は、抜けた歯を口に含んで持っていくのが理想です。しかし、気持ち悪かったり、小さなお子さんだと飲み込んでしまう恐れもあります。
そこで使用するのが牛乳です。歯の成分であるカルシウムが豊富であるため、歯を保存するのに有効とされています。抜けた歯の汚れている部分を洗い流した後、牛乳につけて保存してください。

失った歯を補う治療法の一つで、近年評判を呼んでいるのがインプラントです。
インプラント治療は、見た目はもちろん機能的にも、まるで元から自身の歯であったかのような仕上がりが期待できるものです。大船駅付近でインプラント治療がしたい方は、大船駅前歯科へご相談ください。治療費メンテナンスに関しても、きちんとご説明させていただきます。

平日や土曜日は21時まで、日曜祝祭日も診療しており、キッズスペースもありますので、子連れの方もご利用しやすくなっています。気になることはお気軽に問い合わせください。