噛むことの大切さ ≪「大船駅0分」大船駅前歯科|土日も診療 大船の歯医者

 

噛むことの大切さ

事故や虫歯・歯周病などで歯を失った場合、失った歯を補う治療法にインプラントがあります。インプラントには多くのメリットがありますが、そのなかでも優れている点として「自分の歯のように噛んで食べられる」ことが挙げられます。

なぜ自分の歯のように噛めるのか

入れ歯とインプラントを比較した場合、インプラントのほうがしっかり噛めるのには理由があります。入れ歯は歯茎の上に乗せて使います。その為、噛むときに歯茎が圧迫されて痛みを感じる場合があるので、天然歯と比較すると5分の1ほどの力でしか噛むことができません。

インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込むので、しっかりと固定されます。固定されることで噛んでも痛みがでることなく、自分の歯のように噛んで食べることができます。

噛むことの大切さ

インプラントにしてしっかり噛めるようになることで、どのようなメリットがあるのでしょう。

1つ目は、固い食べ物を噛めるようになると、顎や顔の筋肉が鍛えられ、口角が上がり口元のシワが目立たくなることです。口元は人と会うときに視界に入ることが多い部位です。口元の悩みが解消されることで、人と会うのが楽しくなったり、笑顔が増えたりなどのメリットがあります。

2つ目は、病気の予防です。よく噛むことで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぎます。肥満は生活習慣病の要因ですから、心筋梗塞や糖尿病などの病気のリスクを下げてくれるのです。また、よく噛むと唾液がたくさん分泌されます。唾液には、食品に含まれる発がん性物質を抑えるペルオキシダーゼというタンパク質が含まれているので、がん予防に役立ちます。

このように「よく噛む」ことは、美容面にも健康面にも多くのメリットがあります。義歯、入れ歯を使っていて、よく噛めないと感じている方はインプラントを検討してみませんか?インプラントにする場合は評判のよい歯医者を選ぶことが大切です。

大船でインプラント治療を行っている歯医者をお探しなら、大船駅前歯科をご利用ください。大船駅前歯科では、治療を始める前に治療内容や費用など治療に関する悩みをお伺いし、ご要望に適した治療をご提案いたします。

インプラント以外にも歯のメンテナンス治療費に関する悩みなど疑問がありましたら、お気軽にご相談ください。